2月 08 2015

消費者金融でキャッシング!

急にお金が必要になった、という時に消費者金融 即日融資を利用するという手があります。最近は即日融資可能、審査に通れば即日振込みキャッシングしてくれる銀行も登場してきているので、出来るだけ金利の安いところでキャッシングサービスを受けたい、という方は即日融資可能な銀行カードローンを利用する、というのもいいと思います
しかし、銀行のカードローンは金利が低い分、消費者金融よりも審査が厳しい傾向にあるので審査が通るか心配、という方にはあまりオススメできません。もちろん、金融機関からの借り入れ経験が無い、携帯代など分割払いしているもので延滞しているものが無いという方であれば銀行の審査も通りやすいと思いますし消費者金融に比べ低金利なところが多いので銀行のカードローンを検討すると良いと思います。ですが、既に数社から借り入れがある、過去に支払いが遅れたことがあり銀行からの借り入れは難しいだろう、と思われる方は、やはり消費者金融に申し込むのがいいと思います。
ただ、借り入れや返済状況によっては大手消費者金融では否決されてしまうかもしれません。万が一大手消費者金融に申し込んでみたけどダメだった、という場合は、中堅クラスの消費者金融の中から口コミなどで評判のいいところに申し込むといいでしょう。
中堅クラスの消費者金融であれば大手消費者金融と比べると審査はかなり甘く借りやすくなっているので、大手消費者金融に断られた方も借りられる可能性は十分あるといえるでしょう。

11月 23 2014

カードローン!即日融資&低金利で人気の銀行カード〜みずほ銀行カードローン〜

即日融資可能なカードローンの中でも圧倒的な人気と絶大なる支持を受けているみずほ銀行カードローンの利用限度額は最大1000万円と業界でもトップクラスです。また、年利も4.0%〜14.0%とメガバンクならではの低金利です。ですから、カードローンデビューという方、安心感優先という方からも人気がありますが、使用用途を問わないカードローンなので複数社からの借入をまとめる借り換えに利用される方、旅行費用やゴルフなど趣味のための資金、習い事など自己投資資金として利用される方など利用者の目的は実に様々です。
みずほ銀行カードローンは、WEB完結申し込みを利用すれば来店&郵送不要で最短即日融資可能ですし、極度額200万円までなら収入証明書不要で審査を受けることが出来ます。また、みずほ銀行の口座を持っていて利用限度額が200万円以下の場合、本人確認資料の提出も不要ですから簡単・便利!申込みから審査結果受取までが非常にスムーズです。
ちなみに今なら、期間限定ではありますがキャッシュバッグキャンペーンを実施中で、みずほ銀行カードローンを新規で契約した場合、契約月翌月1カ月の借入分に対してかかる利息を100%キャッシュバックしてくれます。
信頼性が高く安心して利用できる即日融資可能なキャッシングを探している方をはじめ、低金利のカードローンへの乗り換えを考えている方、大口融資可能なカードローンを探されている方は、お得なキャンペーン中に検討してみるといいかもしれませんね。

11月 19 2014

パートでお金を借りるには

パートをしているけれど、キャッシングの利用はできる?といった質問を掲示板などでよく見かけますが、パートであってもキャッシングでお金を借りることは可能です。
消費者金融のキャッシングは年収があることが条件となっていますが、パート お金借りるキャッシングを利用できるのはパート代も年収とみてもらえることから、利用できますが、正規社員と違い、いつ辞めてもおかしくないということから、正規雇用の社員と比べると審査がきびしくなることはしかたがないことといえます。
消費者金融は貸金業法の総量規制の対象となっているため、融資限度は年収の3分の1以内と制限があり、税金を払わなくてもよいパート代と考えると年収が103万円以下で、その3分の1の34万円が融資限度額になってしまいますが、初回申込時は低くおさえられるのであまり多くの借入は期待できません。
審査を受けるときは勤続年数が重要視され、同じ会社での勤続年数が長ければ信用度も上がり、融資の可能性も高くなりますが、短期間でパートを変えているときは、いつ辞めるかわからないといった判断をされて審査に通りにくくなると言われていましたが、最近では見込み年収で年収を計算するところもあるので勤続年数が1年以内でも融資が受けられるようになっているようです。
キャッシングを申込むときは申込書の記入内容で、少しでも多くを借りたいとウソの年収を記入したとき、、後日ばれた時は返済のみになったり、一括返済を求められることもあるので正直に書くことが肝心といえます。

11月 18 2014

専業主婦は銀行カードローンが利用できる

ご主人の給料日前に急にお金が必要になり一時的にお金をかりたいとき、主婦がキャッシングを利用するには条件があります。
主婦がキャッシングをしたいとき、パートやアルバイトをして収入を得ている兼業主婦であれば、消費者金融でも銀行カードローンどこでも利用できますが、無収入の専業主婦は消費者金融を利用できません。
親の介護や育児中の専業主婦はパートやアルバイトに出たくても出られず、日常生活で急にお金が必要になることもあります。ところが消費者金融で申込をしようとしても消費者金融は総量規制で融資限度額は3分の1以内と制限が有るため、パート代やアルバイト代といった収入が有る兼業主婦は利用できますが、専業主婦は収入がないため利用できません。
専業主婦がキャッシングをするときは、総量規制の影響を受けず年収に関係なく融資が受けられる銀行カードローンのみとなりますが、銀行の名前が持つ安心感や利用金利が低いことなどから、利用できれば安心して利用できるカードローンといえます。
銀行のカードローンには専業主婦専用の商品を扱っている銀行としてイオン銀行の「イオン銀行カードローンBIG」三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」などがあり、その他の銀行でも融資が受けられるので調べてみるのもいいでしょう。
ただ気を付けなければいけないのは消費者金融が「専業主婦でもOK」といった広告やチラシを出しているところは「ヤミ金」の可能性が高いので、絶対に手を出すことはやめましょう。

11月 16 2014

借入利率はどこの消費者金融でキャッシングをしても変わらない

金利は比較しなければならないと考えているのであればそれは消費者金融の業者同士ではなく、消費者金融と銀行を比較するべき問題です。
消費者金融はどこで借り入れをしてもその金利、消費者金融の公式ホームページ上では借入利率となっていることが多くなりますが18.0%となっています。
一方銀行では金利に大きく差が出てきますが15.0%以下であることが一般的となっています。
消費者金融の金利はどこで借り入れをしても18.0%が適用される、プロミスでは17.8%となっていますが0.2%の問題はたいしたことではなく18.0%と考えてよいでしょう。
そうなると金利が変わらないのであればどこで借り入れをしても金額は変わりありません。
例えば3万円の借り入れを毎月1万円ずつ返済するならば18.0%の金利でどこで借り入れをしようと同じ返済総額になることとなります。
これが最低返済額の返済をしていくのならば返済期間にずれが生じてきますので利息が変わりますが、返済金額が同じならという条件で返済総額には変化がなくなります。
大手消費者金融でどこで借りれる金額をキャッシングをしても返済総額が変わりないからこそ考えるべきは違うところであることがわかるでしょう。
返済に関わる手数料であったり、その利便性であったりといったサービスです。
もちろん無利息期間があればそれだけ返済総額を減らすことができます。
比較するべきポイントは自分が何を重視するのかで変わってきます。

11月 09 2014

消費者金融の審査に通るか通らないか心配なのですが……。

インターネットなどでよく目にするのが、「消費者金融の審査に通るか通らないか心配なのですが……。」という質問です。
消費者金融での借入をしたい場合には、どのような審査が行われているかは皆さんご存知ですか?
消費者金融審査の対象となるのは主に金銭の借入に関する情報です。今までの借入歴はもちろん、延滞や滞納、返済できなかったなどの、金銭トラブルや事故情報についてです。
その情報はどこで手に入れるかというと、JICCと言われる信用情報機関です。消費者金融のほとんどはこの信用情報機関に加盟していて、それぞれの会社で起こった借入履歴や金銭トラブルはこちらに登録するよう、義務づけられているのです。
従って、他の消費者金融での事故情報などもこのJICCに加盟していれば、共有できるというわけです。
ということは、他の消費者金融で金銭トラブルがあれば、消費者金融の審査に通らないという確率は極めて高くなります。
また、この信用情報機関は、クレジットカードの信販会社同士でも、CICというものに加盟し合っています。そして、JICCに加盟しているものは、CICにも加盟していることが多いので、消費者金融にトラブルはなくても、信販会社にトラブルがあれば、審査は通らないと考えた方がようでしょう。
金銭トラブルや事故があったにも拘らず、お金を貸してくれるという会社がもし存在するなら、それは悪徳業者ということにまちがいありません。高額な利子と過剰な取り立てに苦しむことは目に見えています。

11月 04 2014

消費者金融借入条件切換え機能付きで便利

A氏は、借入可能と表示された消費者金融・カードローンを更に絞り込むために、借入条件切換え機能を使ったそうです。
絞り込み条件には「即日振込み融資対応企業」「無利息キャンペーン実施企業」「上限金利順」「限度額順」「審査スピード順」などいくつかの項目があり、翌日までに何とかお金を用立てたかった彼は「即日振込み融資対応企業」で条件検索し最も一番上に表示されたプロミスのサイトをチエック。その際、3項目の診断で簡単に借入の可能性を診断できる「3秒診断」も試し「融資の可能性アリ」と出たので、ここなら本当に借りられるかも?と早速申込みしたところ、50万円でOKが出たので契約手続き&振り込み手続きを行い、すぐに振り込んでもらったそうです。
ちなみに、ポイントサービスに申し込むことで30日間無利息になる無利息サービス実施中だったので契約終了と同時にポイントサービスに申し込んでから振込み手続きをしたので30日間無利息で借りることが出来、金利が助かった。と喜んでいました。
消費者金融・カードローンからの借入は難しいのでは?と考えていた彼ですが希望額を希望通り即日融資してもらうことが出来、更に30日間無利息になったのですから願ったり叶ったりの結果になりました。人それぞれお金を借りようとする理由や経済的状況、借入希望条件は異なりますが、便利な消費者金融借入条件切換え機能付きカードローン比較サイトを活用することでニーズに合った借入先に巡りあえる可能性はグンとアップしそうですね。

10月 04 2014

カードローンの審査基準

カードローンの利用をはじめる前には、審査があり、このカードローン審査に通らなくてはカードローンの契約を結ぶことができません。
審査基準は、キャッシング会社ごとに項目も数値もそれぞれ設定されていますが、今回は大体の目安となるものを解説していきます。
はじめにポイントとなるのは、安定した収入です。
申し込みの際には融資希望額も回答することになりますが、この金額があまりにも収入に対して多額であれば、返済見込みがないのではないかと判断されてしまいがちです。また、安定した収入というのもポイントで、収入が月によってバラつきがあるのもまた、計画的な返済が難しいのではないかという判断をされてしまいかねません。
安定した収入を得ているかどうかという意味では、勤続年数も関わってきます。いくら高収入であっても、すぐに辞めてしまうようでは、やはり返済が難しくなるからです。
最低でも6ヶ月の勤続がなければ、マイナス評価になりやすいようです。
ほかにも安定した生活を送っているという判断基準として、居住年数なども見られます。固定電話があることもプラス評価になるようです。
そのほかにも審査に不利になることとして、あちらこちらのキャッシング会社に連続で申し込みをすることなどもあげられます。
これは連続で申し込みをしなければならないほどに生活が追い詰められているのではないかということが不信をかってしまうからです。
同じように複数のキャッシング会社と契約を結んでいる場合も、審査に落ちやすくなる傾向にあります。

9月 10 2014

消費者金融プロミスなどの金利、銀行の金利、その違いは?

一般的に消費者金融では金利が高く銀行では金利が低いとされています。
金利というのは貸し借り料とでも言えばいいでしょうか、プロミス 学生がお金を借りたときに支払う利用料金のようなものです。
これは年間に支払う利息の割合になりますので年利、年率とも呼ばれています。
つまり金利、年率、年利は同じ言葉であるということです。
消費者金融の金利は下限にはばらつきがあるものの上限金利はだいたい18.0%となっています。
ダイレクトワンが20.0%、プロミスが17.8%と特例はあるもののそのほかの大手消費者金融は上限金利を18.0%と設定しています。
一方銀行はというとバンクイック、三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローンは14%台を上限としていますが、ジャパンネット銀行ネットキャッシングや新生銀行カードローンのレイクは18.0%となっていますのでばらつきがあるように感じられます。
一般的には銀行の金利は上限が15%を超えるものではありませんのでそれ以上の金利なのであれば消費者金融と同等として考えたほうがよいでしょう。
消費者金融は貸金業になりますが、融資を専門に取り扱っている金融業者になります。
そのため収入源とした考えると利息を高くせざるを得ないという理由もあるのでしょう。
銀行は反面、融資だけが商品ではありませんので審査は厳しいながらも金利を低く設定することができているのだろうと推測されます。
利息を考えても金利を比較することは忘れないようにしましょう。

8月 27 2014

そのキャッシングはすぐに返せるのか、長くなるのか

今考えているキャッシングはいつごろ完済の予定をしているでしょう。
小さな金額返済をし長引くのか、すぐに返済ができるのか、それによって借り入れる先がまた変わります。
まずすぐに返済ができるときにはどのような選択肢があるのかを考えてみましょう。
一回の返済で完済ができるのであれば利用に適している金融業者が多くなります。
ジャパンネット銀行ネットローンや、消費者金融でもプロミスが30日間無利息を用意していますので金利を考える必要がなくなるというものです。
返済期間が長くなるのであれば金利を気にしなくてはなりません。
低金利であることは返済期間が長くなるときに最大の比較ポイントになります。
ところが返済期間が長くても借り入れ金額が5万円以内であれば新生銀行カードローンのレイクが有効です。
180日間の無利息期間を用意しています。
これからも以降、借り入れをすることが考えられるのであれば気にするべきは無利息期間ではなく通常金利が低金利であることです。
消費者金融では学生ローン利子が上限が適用され18.0%が一般的となっていますので低い金利とはとうていいうことができません。
銀行では消費者金融と変わらない金利であることがありますが、比較してみると学生でも借り入れができる低金利の銀行は少なくはありません。
例えば三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックは、アルバイトの学生も借り入れ可能となっていますが、金利は銀行としては標準的であり金利が14.5%となっています。