9月 10 2014

消費者金融プロミスなどの金利、銀行の金利、その違いは?

一般的に消費者金融では金利が高く銀行では金利が低いとされています。
金利というのは貸し借り料とでも言えばいいでしょうか、プロミス 学生がお金を借りたときに支払う利用料金のようなものです。
これは年間に支払う利息の割合になりますので年利、年率とも呼ばれています。
つまり金利、年率、年利は同じ言葉であるということです。
消費者金融の金利は下限にはばらつきがあるものの上限金利はだいたい18.0%となっています。
ダイレクトワンが20.0%、プロミスが17.8%と特例はあるもののそのほかの大手消費者金融は上限金利を18.0%と設定しています。
一方銀行はというとバンクイック、三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローンは14%台を上限としていますが、ジャパンネット銀行ネットキャッシングや新生銀行カードローンのレイクは18.0%となっていますのでばらつきがあるように感じられます。
一般的には銀行の金利は上限が15%を超えるものではありませんのでそれ以上の金利なのであれば消費者金融と同等として考えたほうがよいでしょう。
消費者金融は貸金業になりますが、融資を専門に取り扱っている金融業者になります。
そのため収入源とした考えると利息を高くせざるを得ないという理由もあるのでしょう。
銀行は反面、融資だけが商品ではありませんので審査は厳しいながらも金利を低く設定することができているのだろうと推測されます。
利息を考えても金利を比較することは忘れないようにしましょう。

8月 27 2014

そのキャッシングはすぐに返せるのか、長くなるのか

今考えているキャッシングはいつごろ完済の予定をしているでしょう。
小さな金額返済をし長引くのか、すぐに返済ができるのか、それによって借り入れる先がまた変わります。
まずすぐに返済ができるときにはどのような選択肢があるのかを考えてみましょう。
一回の返済で完済ができるのであれば利用に適している金融業者が多くなります。
ジャパンネット銀行ネットローンや、消費者金融でもプロミスが30日間無利息を用意していますので金利を考える必要がなくなるというものです。
返済期間が長くなるのであれば金利を気にしなくてはなりません。
低金利であることは返済期間が長くなるときに最大の比較ポイントになります。
ところが返済期間が長くても借り入れ金額が5万円以内であれば新生銀行カードローンのレイクが有効です。
180日間の無利息期間を用意しています。
これからも以降、借り入れをすることが考えられるのであれば気にするべきは無利息期間ではなく通常金利が低金利であることです。
消費者金融では学生ローン利子が上限が適用され18.0%が一般的となっていますので低い金利とはとうていいうことができません。
銀行では消費者金融と変わらない金利であることがありますが、比較してみると学生でも借り入れができる低金利の銀行は少なくはありません。
例えば三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックは、アルバイトの学生も借り入れ可能となっていますが、金利は銀行としては標準的であり金利が14.5%となっています。

8月 02 2014

無職でも即日でお金を借りることは可能?

現在無職という方でも、生活をしていく以上お金は必ず必要です。今ではカードローンもずいぶんと便利になり、ネット上で申し込みから借入までとほとんどの手続きが可能となり手持ちのスマートフォンなどから手軽にキャッシング利用しているなんていう方も多いですが、無職の場合には返済のあてがないわけですから金融機関側もお金を貸したがりません。そんな無職の方が即日でお金を借りるという場合、貸してくれる金融機関はあるのでしょうか。
一般的にカードローンは利用条件として安定した一定の収入があることを挙げているところがほとんどになりますので、そうした点でも無職の方は現在その状況にないためすでに申し込みの段階で厳しいわけなのですが、金融機関の審査基準というのは各社それぞれ多少の違いがありますので中には無職の方に対しても融資をしてくれるところも存在します。
銀行カードローンや大手の消費者金融などは審査が厳しいので難しいでしょうが、中小の消費者金融でしたら今すぐお金を借りる審査が柔軟なところもありますので可能性があるでしょう。ただし、50万円を超えるような額を借りようとしてもそれは難しいです。10万円や5万円程度の小額の融資にはなってしまうでしょうが、それでも口コミなどをみてみるとその借入をきちんと期日通りに返済してくことでのちのち増額してもらえる可能性だってあります。
即日対応に関してはこれまたなかなか厳しいとは思いますが、最近では即日融資可能な金融機関は珍しくありませんので審査状況によっては可能と判断されるかもしれません。ただしただでさえ「無職」と審査的に不利な要素のある状況ですから、審査に時間がかかることも考えておいた方がよさそうです。

6月 16 2014

借りやすい即日融資のカードローンの条件とは?

借りやすい即日融資のカードローンの条件にはどんな点があげられるでしょうか。いくら即日融資可能とうたっていても、借りにくいのであればそれは避けたいですよね。

借りやすい条件としては、誰もが知っているような大手のカードローンであることが挙げられるでしょう。例えばCMでよく流れているものなどは知名度も高いですしその分安心して借りることができますよね。利用者も多い分口コミなど情報も多く出回っていますから、いろいろと参考にすることもできます。

また大手だけに利用者のプライバシーに対する配慮などもしっかりしているはずですし、公式ホームページもしっかりしていますからPCだけでなく携帯やスマートフォンなどからアプリを使って手軽に申し込みができるシステムが整っているでしょう。即日融資を成功させるには、申し込みのしやすさ・スムーズな手続きなどといった点も重要なポイントです。

また借りやすさは精神的借りやすさもそうですが、実際の、ハード面での借りやすさも重要だと思います。例えば即日融資の場合振り込み融資だけのところよりも、無人契約機での即日カード発行もできるところのほうが借りられる機会が多くなりますよね。借りやすい環境が整っているかどうかというのも即日融資を受けるにあたっては大切なことです。たくさんあってどう選んだらいいのかわからない!という方は、これらの条件を満たす、借りやすい即日融資のカードローンを選んでみてはいかがでしょうか。

5月 30 2014

キャッシング比較サイトも参考に!キャッシング業者の探し方

一般的には借り入れ先として考えられるのは銀行や消費者金融です。
そのほかにも借り入れ先となるものにはいくつかありますが、普段の入用に借り入れを考えているのであれば消費者金融か銀行の選択肢となるでしょう。
銀行カードローンを考えているときには安心ができるかどうかすなわち正規であるかどうかの心配は少ないでしょう。
しかし消費者金融であればそうはいきません。

大手消費者金融と呼ばれているところがあります。
アイフル、アコム、プロミスがそうでしょう。
大手消費者金融でもすべてが安心できるわけではありません。
消費者金融がどのようなところであり、どのようなことがあったのかを理解しておくことも大切です。
例えば過去にはこんなことがありました。
2006年、アイフルは融資や取り立てに関する違法行為を繰り返し金融庁からの業務停止命令が出ています。
同じく2006年、当時消費者金融であったレイクは個人契約者からの依頼で勤務先への連絡は控えるように依頼されていたにもかかわらず督促の電話をかけ5日間の業務停止命令が出ました。
2007年には三和ファイナンスが違法取り立てを組織的に続けていたとしておよそ3か月の全店舗での業務停止命令が出ています。

安心できる消費者金融だと思われていた大手でも尾のようなことがあったということです。
現在は改正貸金業法によって、そして金融庁のガイドラインによって厳しいルールが貸金業全体に敷かれています。